ストリートナンパ、ネットナンパ、クラブナンパ、店員ナンパなどで彼女やセフレを作る方法を丁寧に解説しています。

ナンパの第一声で女の子から笑顔を引き出す3つのコツ

 
ナンパの第一声のメイン
この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

ナンパを始めたばかりの初心者に限らず、ある程度結果を出している人も考える

「ナンパの第一声目は何て声を掛けるのが良いのだろうか?」

という疑問に対してジゴロパンダなりの経験に基づいた答えを示していく。自分で言うのも気持ち悪いが、ジゴロパンダが女性に声を掛けたときの会話に発展させる確率は、ほぼ100%に近い。だから、ある程度のレベルには達しているナンパ理論だと思う。

そこで、このページで話していくナンパノウハウを知ることで、あなたにナンパの第一声で悩まずに、ナンパを楽しんだり、より結果を出せるようになってもらえたら嬉しいので公開させてもらう。

1. ナンパの第一声を重視する目的

ナンパで第一声で何て声を掛けると成功率が高くなるのかと考えると思う。しかし、ナンパの第一声の目的は、あくまでも、

「女性の反応を引き出すためのもの」

という役割だけに過ぎない。自分の存在を認識してもらい、そして、女性に笑顔だったり、無視だったりといった何でも良いので反応を引き出すための行動だ。

女性の反応を引き出す=女性の感情を動かす

というものだ。楽しい、嬉しい、面白いといったポジティブな感情にビクン!と振らせるのだ。

ナンパ師に対する女性の反応は無視をして当たり前なのだ。スカウトやキャッチなどが多い街であればあるほどに、声を掛けてくる男が多過ぎるために、最終的に「無視」「拒否」といった反応を女性は選択しがちだ。声を掛けてくる人に対して、反応をし続けたら、いくら時間があっても足りないからだ。

ジゴロパンダが住んでいた札幌、神戸、沖縄などだと女性に無視されることは少ないが、東京の新宿や渋谷では無視をしたがる女性が多くなる。

だから、この「反応を引き出す」ということをどんな地区で、どんな女性を相手にするにしても、目的とした方が良いと考えている。反応を得るということはコミュニケーションの第一歩目が始まったということだ。ジゴロパンダ的には、シンプルに

「女性の笑顔を一つでも多く強く引き出す」

という風に意識をしていけば良いと思っている。話していて愛想笑いではなく、自然な笑顔にさせてくれる男性に対して不快感は感じないだろう。一緒に遊んで楽しそう、恋愛できそうと思わせることが重要だ。

「反応を得た後に、会話をするというステップに進むことができる」

と思っておいて欲しい。例えば、あなたが家電量販店などで携帯電話を見ているときに、販売員に「その携帯が気になりますか?」と第一声の声かけに反応をして、それから会話をするかどうかを選択すると思う。

他にも、朝に学校や職場に言って、誰かに「おはよう!」と声を掛けられて、同級生や同僚だと認識にして反応をすることで、初めて「おはよう」と笑顔で返事をするだろう。挨拶してきたのが、見知らぬ人で見た目が大柄で感じの悪いヤクザ風の男だったら挨拶を返すのをためらうはずだ。無視をするか逃げ出すという選択にもなるかも知れない。

第一声の目的は「反応を得ること」だというのを覚えておいて欲しい。それがナンパの始まりなのだ。

2. ナンパの第一声を成功させる方法

ナンパの第一声を成功させる方法として、ジゴロパンダが意識をしているものは3つだ。

1:聴覚だけではなく視覚にも訴える
2:相手の意識の中に入り込む
3:5フレーズまでが第一声

それぞれを解説していく。

2ー1.聴覚だけではなく視覚にも訴える

実際に経験してみるとわかるが、ナンパでの声掛けは話しかける立ち位置のポジション次第で大きく女性の反応が変わる。

この女性の反応が大きく変わるのはなぜかわかるだろうか?

それは聴覚情報だけではなく「視覚情報」も有効活用できるからだ。ナンパでの服装選び』で話している「メラビアンの法則」のように、相手女性に与える印象に対しての影響力は視覚情報が半分以上を占める。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが行った実験で、人の行動が受け手が対して、どういった要素が大きく影響を与えるのかを統計を取ると、

【メラビアンの法則】
見た目などの視覚情報が55%
声のトーンなどの聴覚情報が38%
話の内容の言語情報が7%

という割合になったそうだ。

ナンパの第一声で何を話すかという情報よりも、服装や髪型といったルックスや表情を見せるということを意識した方が、女性の反応を引き出しやすいのだ。そのためには

「女性に声を掛けるポジション取り」

が非常に重要になる。ポジション取りとは、女性に声を掛ける立ち位置のことだ。「どこから」女性に声を掛けるのかが大きくナンパの成功率に影響してくる。

ナンパの成功率が高くない人ほど、真横から声を掛けている気がする。立ち位置一つで、女性が感じる印象や、警戒心の感じ方も変わってくるので、ポジションも意識をしてみると女性の反応が変わるのに気づくだろう

ポジションに関する詳しい解説は『ナンパの極意』を参考にして欲しい。

2ー2.相手の意識の中に入り込む

アイコンタクトを使うことで、相手の意識に入り込むということができるようになる。『恋愛でのアイコンタクト』にもあるように、人間というのはアイコンタクト一つで感情を表現できる。

そのアイコンタクトを合わせることで、ナンパにおいて女性の反応を得るのだ。声かけ部分を細かく分けると、

【声かけの流れ】
ポジション取り
  ↓↓↓
アイコンタクト
  ↓↓↓
挨拶+表情+声のトーン

といった流れになる。このアイコンタクト一つで、女性に俺らのナンパ師側のポジティブな感情もネガティブな感情も伝えることができる。もちろん、ネガティブな感情を伝えたら女性の反応は悪くなる。逆に、ポジティブな感情を女性に伝えたら反応は良くなる。

ポジティブな感情とは「女性に話しかけることを楽しんでいる」という感情だ。これだけで、声のトーンや表情などの全てが変わる。それにともない、女性の反応も成功率も変わる。

実際に、ナンパをしていると、自分の感情というものが成功率を高めるのに必要だと実感できる。つまり、気分が乗っている状態かどうかということだ。これはスポーツや音楽、仕事などの全てに通じることだろう。気分が良く、ノっているときは勢いも出て調子が良い。そして、結果も良くなりやすいものだ。

こういったポジティブな感情を伝えるために、アイコンタクトは非常に重要な要素になる。この段階でヘマを打っていまうと、その悪い印象を巻き返すのが大変になってしまう。だから、アイコンタクトもしっかりと意識していこう。

2−3. 第一声は5フレーズまで

ナンパの第一声で何のフレーズを使うのかが重要だと思われがちだ。確かに、最初のワードで反応を取るのが重要なのだが、それだけだと『ナンパで無視』をされて、成功率を大きく下げてしまう。

ガチでナンパを札幌で始めたときには意識をしていなかったが、ジゴロパンダが東京のナンパの聖地と呼ばれる新宿、渋谷、池袋などで活動をしていたときに感じたことがある。

それは都会の可愛い子はスカウトやキャッチ、ナンパで声を掛けられ慣れている。だから、一声だけで反応をしてくれない子も多くいる。また、第一声だけじゃスカウトやキャッチだと勘違いされて終わることも多くなる。そこで、

・もっと強い感情を生まなくてはいけない
・笑顔をたくさん引き出す可能性を高めたい
・何を話しているか聞き取れていないのではないか?
・相手女性が反応するツボを見つけることはできないか?

といったことをできるようになるために、どうしたら良いのかと考えた。その結果、

「第一声は5つのフレーズまでをセットで考えた方が良い」

という結論に至ったのだ。そうすることで、女性の笑顔を高確率で引き出すやすくなったり、ガンシカを崩しやすくなったりといったメリットが生まれた。そして、鉄板の5フレーズの畳み掛けという武器があるので、気持ちに余裕も持てるようになる。

女性側の立場としても5フレーズくらいないと、いきなり声を掛けられてビックリしたり、警戒していると、こちらの話に耳を傾けることができて、対応できないのだ。だから、たった1フレーズで諦めるよりも、5つのフレーズがあった方が有効といえるのだ。

具体的な5フレーズの作り方は『成功するナンパ第一声の作り方』から学んで欲しい。

まとめ. ナンパの第一声は女性の感情を振らすもの

ナンパにおける第一声の目的は女性の感情を動かすことにより、女性の反応を得ることだ。その反応は「笑顔」というものがベストだ。ナンパを通して

・楽しい
・嬉しい
・ドキドキする

といった感情を生み出すことを目指して欲しい。何度も会える状況ならともかく、ナンパで最初に悪い印象を与えてから、ギャップで好印象に持っていくのは難しい。そんな時間はないし、不快感を与えた時点で女性に関係は切られる。

だから「視覚」「アイコンタクト」「5フレーズ」といった武器を使って、女性の笑顔を引き出すように意識していくようにして欲しい。

ナンパの会話教材を
「完全無料」で配布中!!

ナンパで女性を口説く会話術の実録と
テクニックを解説した教材を無料プレゼント!

「女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法」

「あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法」

「狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術」

などを知ることが出来ます。


この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ナンパの教科書 , 2016 All Rights Reserved.