ストリートナンパ、ネットナンパ、クラブナンパ、店員ナンパなどで彼女やセフレを作る方法を丁寧に解説しています。

ナンパで女性にガンシカをされる4つの理由と対処法

 
ナンパで女性にガンシカをされる理由と対処法のメイン
この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

ナンパをしようと女性に声を掛けたが、理由もわからずに無視をされてしまって悔しい思いをしているかも知れない。

別に、あなたの存在を拒否しているのではなく、女性がナンパ師をガンシカして無視するのにも明確な理由があるからなのだ。その明確な理由がわかれば対応もできる。

そこで今回は女性がガンシカをする理由と対応策を話していく。

ナンパはガンシカされる運命

そもそも、女性は「軽く見られたくない」と思っているためにナンパに対して拒否反応を示しやすい。軽く見られてしまうと、自分の価値が下がってしまい、自分が妊娠して弱っているときや自分の子どもを守ってもらえなく恐れを感じているからだ。

さらに、女性は原始時代から優秀な遺伝子を子孫へ残すという本能のために、「男を見極める」という性質がある。だから、見知らぬ男性を簡単に受け入れることができないのだ。

これらは本能的に思っていることだから、女性は意識をしていないだろう。だが、遺伝子レベルでふか〜い無意識レベルにインストールされている女性心理なのだ。

だから、ナンパはガンシカはされやすい。もちろん、これから話していくガンシカをされる理由に対して対処をしていけば、ナンパでガンシカをされなくなり、成功をすることができる。

まずは、「軽く見られたくない」「男を見極める」という女性の本能を理解しよう。

ナンパでガンシカをする4つの理由

女の子にナンパをしようと声を掛けたのにガンシカをされる理由は以下の4つが考えられる。

【ガンシカされる4つの原因】
1:声を掛けた瞬間に不快感を与えた
2:無視を決め込んでいる
3:警戒心が強い
4:ネガティブ感情に支配されている

それぞれを詳しく解説していく。

原因1. 声を掛けた瞬間に不快感を与えた

女性にナンパで声を掛けた瞬間に不快感を与えることとは、ナンパ師側の行動として以下のようなものがある。

・声を掛けるポジションが真横などで、近過ぎるために気持ち悪く感じた
・ボディタッチをしてしまって不快感を与えた
・ナンパ師のルックスが圏外のレベルだった

といったものだ。つまり、ナンパ師と女性との初めての接点で違和感を与えて、印象が悪くなったということだ。これは、あなたも同じように感じるはずだ。もしも、あなたが

女性A:金髪のプリンで歯が虫歯だらけ。見た目から体臭もしそうな太ったブサイクな女性

女性B:髪もサラサラで肌も歯並びもキレイ。スタイルも良いあなた好みの美人

この2人の女性のどちらに声を掛けられたら、どちらと会話をしたくなるだろうか?

99、9%の男性は女性Bと回答するだろう。最初の印象次第で会話をするか、無視をするかを決められてしまうのだ。

さらに、見知らぬ人にボディタッチをされるのは非常に嫌なものだ。特に、タイプではない異性だとなおさらだ。だから、話しかける距離感もナンパの成功率には重要になる。

原因2. 無視を決め込んでいる

都会の女性ほど、キャバ嬢、風俗嬢などの仕事を紹介するスカウトマン、ホストや居酒屋などのキャッチに声を掛けられ慣れている。

東京だと渋谷や新宿、池袋。大阪ならミナミといったスカウトマンやキャッチの多い街だと、ルックスの良い女性なら1日に軽く10回以上は声を掛けられる。そんなのに全部相手していたら大変だ。

俺らも「新聞の勧誘」などのキャッチセールスや、インターネットの電話営業などが来たら、無視をすると決め込んだりするだろう。それと同じだ。

女性もそれと同様に「面倒臭い」と感じているので、最初から無視を決め込んでいるためにナンパ師が声を掛けても無視するのだ。

原因3. 警戒心が強い

警戒心の強い女性であるからこそ、無視をしているというのも考えられる。

あなたも街中でいきなり「手相見せてくれませんか?」などと、しつこく声を掛けられたら怪しく感じ、警戒心が働き、無視をするだろう。

逆に、東京のナンパ師は4月、5月などの上京してきた女の子を狙ったりする。なぜかというと、上京をしてきたばかりなので、まだ東京の女性のように声を掛けられ慣れていないので、警戒心が緩いからだ。さらに、知り合いも少なくて寂しがっているというのもあり、成功しやすいのだ。

警戒心の強弱もナンパの成功率に大きく影響する。

原因4. ネガティブ感情に支配されている

ナンパをされる女性に限らず、誰でも人間であればイライラしたりして、ネガティブな感情に心を支配されるときがあるものだ。

「仕事で上司に激しく怒られた」
「家族で大喧嘩をして、怒鳴り合った」
「彼氏に浮気されて喧嘩をした」

などなど。さらに、もしかしたら生理中でお腹が痛かったりするかも知れない。色んなネガティブな感情になる原因は数多くあるものだ。

そのイライラや不安、心配事などで心の中が不安定になっているときに、ナンパ師になれなれしく声を掛けられると、さらに不快になり、無視をしたり、罵声を浴びせる場合もある。

ナンパでのガンシカへの対応策

ジゴロパンダが常に意識しているナンパでのガンシカ対策は以下の4つだ。

1:笑わせる
2:意識をズラす
3:ナンパだとわからせる
4:考えていることを指摘する

これらの詳細に関しては『ナンパでの無視の対応策』のページをを参考にして欲しい。

まとめ. ナンパでのガンシカを恐れないこと

ナンパにおいてガンシカはつきものだ。だから、ガンシカの原因をしっかりと把握して、その対応策も準備しておこう。

準備を完璧にしておけば、気持ちに余裕を持って、その準備してきたものを本番にぶつけるだけだ。今回話した内容はジゴロパンダが実際に試してきたものだ。

だから、上手くこなせば確実に効果があるものなので、試してもらえれば幸いだ。

ナンパの会話教材を
「完全無料」で配布中!!

ナンパで女性を口説く会話術の実録と
テクニックを解説した教材を無料プレゼント!

「女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法」

「あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法」

「狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術」

などを知ることが出来ます。


この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ナンパの教科書 , 2016 All Rights Reserved.