ストリートナンパ、ネットナンパ、クラブナンパ、店員ナンパなどで彼女やセフレを作る方法を丁寧に解説しています。

女性に愛され続けるため!ナンパの声の掛け方で伝える3要素

 
ナンパでの声の掛け方メイン
この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

「あなたのナンパスタイルはどういったものだろうか?」

これを考えたときに「初心者には誠実系ナンパが向いている」「女性は押しに弱いからオラオラ系が良い」「楽しくないと女性はついて来ないからネタ系ナンパが良い」とか色んなことがナンパ師たちの中で言われている。

ジゴロパンダはどれも正解であり、それでいてどれも不正解だと思っている。あなたが、これから話すナンパの法則を理解すれば、大きくナンパ成功率は高まり、女友達も彼女候補も好きなだけ作ることができるようになるだろう。

1. ナンパにおける声の掛け方

女性への具体的な声の掛け方は、以下の記事を参考にして欲しい。

ナンパの第一声で女の子から笑顔を引き出す3つのコツ
ナンパの成功に繋がる第一声の作り方
女の子をナンパして会話成約率を高めるトーク術

2. ナンパの声の掛け方3種類

色んなナンパの方法が世の中にはあると思うが、大きく分けると以下の3つになる。

【3つのナンパスタイル】
1:誠実系ナンパ
2:オラオラ系ナンパ
3:ネタ系・お笑い系ナンパ

これらのナンパスタイルで自分にあったものを選ぶことが、ナンパで数々の女性をゲットしたり、ナンパでタイプドンピシャの女性を彼女にするために必要だと言われている。

確かに、女性だけではなく、ナンパ師自体も性格が人それぞれ異なるものだ。だから、自分に合ったものを選ぶ方が良いのは当然のことだ。しかし、もっと深く理解しないと、全く結果の出ないナンパ師止まりになってしまう。

そこで、今回はあなたがどういったナンパスタイルにしていけば良いのかをわかってもらいたい。そのために、まずは、これらのナンパスタイルがどういったものかを解説していこう。

2−1. 誠実系ナンパとは?

「俺は誠実な男だよ」というのが伝わるような声の掛け方をするナンパスタイルになる。例えば、

「先ほど見かけて、スゴくタイプだったから声を掛けました。良かったら女友達になれませんか?」

というのを全面に押し出す声かけをしていくナンパだ。これを伝えるだけだから、ナンパ初心者の「口下手」でもできて身体目当てだと思われにくいのがメリットだと言われている。

デメリットとしては、「敬語や堅い雰囲気」を使って、誠実な方向性で女性に声を掛けているために、セックスに持ち込みづらくなる傾向がある。

2−2. オラオラ系ナンパとは?

女性に対して強気で

「俺が声掛けてやっているんだ、一緒に遊ぼうぜ!」

という雰囲気全開で声を掛けるナンパスタイルだ。女性の”押しに弱い心理”を逆手にとって、ガンガン押していく。見た目が強そうで威圧感があったり、マシンガントークで押していくタイプに向いている。

女性をガンガン押していくので「即りやすい」スタイルだと言えるだろう。逆に、一歩間違えると女性に引かれてしまうので、女性が不快感を感じるギリギリラインを攻める難しさがある。

2−3. ネタ系・お笑い系ナンパとは?

女性を笑わせることを最も大切にしているナンパスタイルだ。小道具を使ったりして「これ落としたよ」とか落とし物をしたり、一発ギャグを行っていったりする。

ナンパ慣れしている女性には意外性があり有効だと言われている。ただし、相手女性に伝わらないと失笑を買って、ナンパも失敗に終わる。

ジゴロパンダは、笑顔を引き出して、女性を楽しませることを最も重要視している。しかし、あまり下手な小道具などは使わないことをオススメする。

理由としては、いきなり声を掛けてきた男が、小道具を使ったりして変なことをやり出すと女性は意味がわからずに混乱してしまう。それにより、理解していないことに対して、女性は拒否反応を示しやすくなる。混乱した脳が拒否するのは心理学的にも実証されていることだ。

仮に、番ゲや連れ出しをするにしても、ナンパだとわからせるのに時間が掛かり効率が悪くなる。ジゴロパンダが実際に試してみた結果の感想だ。相手女性の立場で考えると理解してもらえると思う。いきなり変なことをしてくる男よりも、自然な会話の中で笑顔を引き出してくれる男の方が魅力的だと感じるだろう。

3. 誠実系・オラオラ系・ネタ系の3人の営業マン

もっと具体的にイメージしやすいように、3人のセールスマンをイメージして欲しい。彼らは全く商品として「車」を売っている。

誠実系営業マンA
〜誠実で優しくて思いやりがある。商品も無理強いして販売はしてこない。見た目は弱そうでメガネを掛けたガリ勉のような雰囲気。そして、押しが弱く真面目過ぎると評判。
オラオラ系営業マンB
〜見た目も屈強でスーツも張り裂けそうな胸板を持ち威圧感もたっぷり。プロレスラーみたいな雰囲気。押しが強く、さらに情熱的なプレゼンを得意とする。しかし、誠実さに欠けて、話していて面白みもない。
ネタ系営業マンC
〜笑顔で忘年会などでは一発ギャグで笑いの渦を生む。お客さんと仲良くなるのが誰よりも早い。小太りで、いつも笑っていて人気者。しかし、押しが弱く誠実さにも欠ける。

イメージしやすいように極論にしている。こういった3人の営業マンがいたとして、あなたは誰から車を買いたいと思うだろうか?

ジゴロパンダであれば、

・誠実で信用できる
・多少オラオラして頼りがいがある
・ユニークな会話ができて話していて楽しい

全てが備わった営業マンから車を買えればベストだと思う。つまり、これは女性を口説くナンパも同じで、誠実なだけでも、オラオラしているだけでも、面白いだけでもダメなのだ。

もしかしたら、セックスをするだけなら、オラオラしているだけで上手くいくかも知れない。しかし、誠実さや楽しさもないと女性と深い信頼関係を築いたり、10年・20年と愛され続けることはできない。

「一緒に話していて楽しくユニークであって、態度も堂々していて、女性が悩んでいたら背中を押してリードをしてあげることができる。それでいて、仕事や恋愛に誠実に取り組んでいる男」

こういう男を目指すのがナンパで成功をする鍵だ。これらを意識してナンパをするのと、しないのでは大きな差になる。あなたの人間性よって、長所や短所は生まれてくるだろうが、全てを鍛えていく意識が必要だ。バランス感覚が重要ということになる。

4. 最初に身につけて欲しいナンパの声の掛け方

ナンパで安定的に結果を出したり、女性を惚れさせて愛され続けるには、

1:誠実な人間性
2:オラオラで頼りがいのある人間性
3:一緒にいて楽しい人間性

これらの要素を身につけていって欲しいと話した。まずは、女性に伝えることを意識して欲しいのは「誠実さ」だ。詳しくは『誠実ナンパの法則』 からトーク事例などを学んで欲しい。

まとめ. ナンパの声の掛け方は人間性を伝える行為

ナンパにおいて自分にないものを女性に伝えることはできない。自分のありのままを出して、女性に受け入れてもらう行為だ。

だから、女性を大切に想う気遣いを大事にして欲しい。これを大事にすることで、女性に対して誠実さを伝えることができたり、女性の気持ちを察して背中を押すべき場面で押せるようになる。

さらに、女性を想えば、女性を楽しませたり、喜ばせるのが大事だとわかるだろう。女性を楽しませたり、ドキドキさせた対価として、女性は心も身体も開いてくれるのだから。

ナンパの会話教材を
「完全無料」で配布中!!

ナンパで女性を口説く会話術の実録と
テクニックを解説した教材を無料プレゼント!

「女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法」

「あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法」

「狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術」

などを知ることが出来ます。


この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ナンパの教科書 , 2016 All Rights Reserved.