ストリートナンパ、ネットナンパ、クラブナンパ、店員ナンパなどで彼女やセフレを作る方法を丁寧に解説しています。

ナンパ地蔵を治療するための6つの原因と解決策

 
ナンパ地蔵のメイン
この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

「街や店内などで見かけたタイプの女性に声を掛けたいけれども、声を掛けようとすると身体が緊張してアプローチができない」

といった悩みをあなたは持っているために、このページに辿り着いたのだと思う。女性に声を掛けることができないのは、悔しくて情けなく感じて、自分を責めてしまう辛いものだ。

そこでジゴロパンダがあなたにナンパ地蔵を解決してもらうための6つの方法を紹介していくので、参考にして欲しい。

ナンパ地蔵になってしまう6つの原因

何事を解決するのにも、その問題の根本的な原因を把握することから始まる。例えが悪いかも知れないが、アルコール依存症、薬物依存症などを克服するファーストステップも、まずは自分が「依存症」だというのを認めるところから始まると聞く。

問題を自覚して認識するから、それを意識的に乗り越えることができるのだ。だから、ここではナンパ地蔵になってしまう6つの原因を紹介していく。

1:女性慣れをしていない
2:声の掛け方がわからずに悩む
3:女性の拒否が恐い
4:周りの目が気になる
5:声かけ慣れ不足
6:声を掛ける動機がない

これらの中で、あなたの現状がどれに当てはまるかを確認して欲しい。そして、各問題点の解決策も同時に話していくので試してみて欲しい。

これらの問題は重症なものから順番に話していく。最初に話すものの方が克服するのに時間が掛かり、最後に近い方が克服するのが容易いと思って欲しい。

ナンパ地蔵の原因1. 女慣れをしていない

そもそもナンパどころか女性とのコミュニケーション自体に慣れていないというケースになる。こういう状態で、街中で見知らぬ女性に声を掛けるというのは非常に勇気のいるものだ。

しかし、逆に考えると、ナンパアプローチというものは職人技のような部分があり、連れ出しや番号ゲットまでは成功のコツに慣れればできるようになるものだ。そうなれば、一気に女性慣れすることもできる。ただし、荒療治だと言えるが・・・

ナンパ地蔵原因1の解決策

ゆっくりと女性慣れをしていくのがベストだろう。街中で声を掛けるのに「観光で出てきて道を教えて欲しい」とタイプの女性に聞く、もしくは「時計が壊れてしまって、今何時ですか?」と時間を聞くといった行為だ。

道聞きなどであれば、ナンパアプローチに近い形式になるので、ナンパ慣れにも役立つ。

他にも、ガールズバーやキャバクラなどに飲みに行って女性と話したり、携帯ショップやアパレルショップで可愛い女の子と声を掛けるようにするのも良いだろう。

これらのことは、ジゴロパンダも女性慣れをしていない頃は行っていた。買い物に行ったときは必ず女性と話すようにしたり、道を聞く際もタイプの女性に聞いていた。こういう細かい積み重ねが女性慣れにも繋がる。

ナンパ地蔵の原因2. 声の掛け方がわからずに悩む

女性に声を掛けるのに

「何て声を掛けたら良いのだろうか?」
「どうやって番号を聞けば良いのか?」

といったことで悩んでいると、声を掛ける際に色んな思考が脳に入ってきて混乱してしまう。その結果、緊張して声を掛けることができなくなる。不安が心をよぎるのだ。

ナンパ地蔵原因2の解決策

事前準備を万全にすることだ。ナンパに出る前に「何て声を掛けるのか?」「何を話すのか?」といった会話のシミュレーションをしておくことで、自分の中の答えを見つけておくのだ。

そうすることで、実際のナンパの現場で悩むことがなくなる。

成功イメージをあなたの心に抱かさせるためには「成功体験を積み重ねること」を繰り返していくことがベストな方法だ。しかし、最初からそうもいかないだろうから、ナンパ実録などを通して成功をイメージするのも効果的だ。

それで現場では「余計なことを何も考えない」という状態になればベストだ。女性に声を掛けるときに余計なことを考えたら声掛けを躊躇してしまう。だから、無心で声を掛けるようにすることを意識して欲しい。何も考えない状態でならば、間違いなく声を掛けることができる。その後は、事前準備次第だ。

ナンパ地蔵の原因3. 女性の拒否が恐い

ナンパは必ず断られるものだ。仮に超絶イケメンでトークが神レベルで上手くても断られる。これは紛れもない事実だ。それは女性は「軽く見られたくない」という心理から起こる現象だ。

この断られるということをナンパを始めた頃に連続して味わうと、拒否が恐くなる。これはジゴロパンダも起こった感情だ。

ナンパ地蔵原因3の解決策

まずは、「ナンパで断られるのは当たり前」だと認識をすること。声を掛けてすぐにYESと言ってくれる女性はビッチだけだ。ナンパで成功する人は断られた後のトークで粘って女性のイエスをもらうのが上手いからナンパ成功率が高い。

だから、「断られたときの準備」をしっかりとしておくこと。「忙しいから」「彼氏いるから」と言われたときの切り返しトークを準備しておくことで、気持ちに余裕を持ってナンパに挑める。

ナンパ地蔵の原因4. 周りの目が気になる

あなたは、女の子に声を掛けてナンパをしようとすると「周りの人たちに笑われてバカにされるんじゃないか・・・」と感じているかも知れない。これは急に声を掛ける前になって、言い訳として出てくるものだ。

こういった羞恥心はナンパをする経験が増えると共に消えていくが、最初は強く感じてしまう。

ナンパ地蔵原因4の解決策

ナンパで女の子に声を掛けて恥ずかしくなるのは自意識過剰だと思って欲しい。あなたが女の子に声を掛けているのを周りの人が見ても「スカウトかな?」「キャッチかな?」と思うくらいなものだ。

そもそもナンパをしているとすら思わないだろう。誰も見ず知らずの他人に興味など持っていないのだ。だったら、逆に「自分のことをスカウト」だという気持ちで声を掛けてみるのも良いかも知れない。そうすれば、仕事だからという自分に対するプレッシャーにもなる。

あとは、ルックスやトークなどの下準備を万全にしておいて「どうだ!こんなに可愛い子に声を掛けてナンパできるんだぜ!」とナルシスト的になるのも良いかも知れない。それくらいの方が強い気持ちで女性に声を掛けることができるので、その気持ちが態度にも出て成功率も高まる。女性は自信のある態度の男が好きなのだ。

ナンパ地蔵の原因5. 声かけ慣れ不足

ナンパという行為に慣れていないだけに過ぎないケースもある。これは単純に声を掛け続けることで、慣れていけば地蔵を克服できるようになる。

人間は初めて行うものは本能的に抵抗を持つものだ。「初めてのことには危険があるかも知れない」という脳が持つを防衛本能なので仕方がない。だからこそ、その本能を破っていく必要がある。

ナンパ地蔵原因5の解決策

声かけ不足を補うためにはガンガン声を掛けていけば良いだけだ、とも言えるがそうもいかないだろう。そこでオススメなのが「イメージトレーニング」だ。

スポーツ選手も取り入れている行為だ。実際の試合をイメージしながら練習をすることで、本番で緊張せずに動けるようにトレーニングをしていくのだ。アメリカだと戦争に行く軍人にも、現場に行く前にシミュレーションゲームをさせるというのも同じ効果を期待してのことだろう。

「脳は現実とイメージの境目がない」と言われている。実際のところは色んな理論があるが、それは置いておいておこう。あくまでも、あなたの目的はナンパで成功することなのだから。スポーツ選手や軍人といったプロフェッショナルが何十年も行っていることなのだから、効果があるのは間違いないだろう。

そこで、実際に実行しているナンパをしているイメージしてみて欲しい。そのイメージの方法は2つある。

ナンパのイメージトレーニングの方法
1:街で見かけるスカウトやキャッチを観察する
2:ナンパの音声や動画を使う

といったものだ。ある程度の都会ならば、街中で声を掛けているスカウトやキャッチはたくさんいる。彼らを観察してみよう。

また、ナンパ音声や動画をyoutubeなどで探してみて欲しい。このサイトでも公開しているので参考にして欲しい。AVのナンパものでも構わない(笑)

ナンパ音声や動画でイメージトレーニングをするポイントは「声を掛けるナンパ師側」と「声を掛けられる女性側」の両方に着目することだ。どういう声を掛けたら、どういう反応をするのかを確認してみて欲しい。

これを継続することで、ナンパの声かけイメージができるようになるだろう。

ナンパ地蔵の原因6. 声を掛ける動機がない

自分の中で、女性に声を掛ける動機が明確になっていないために地蔵になっているケースもある。何か行動を起こすにはモチベーション(動機)は大きな要因になる。

人間は”自分に対して”「利益がある場合」と「不利益を避ける場合」の2つのパターンのときに行動をすると言われている。だから、それを明確にする必要がある。

ナンパ地蔵原因6の解決策

まずは目標を明確にすることから始めて欲しい。例えば、

「彼女を作る」
「可愛い子と童貞を卒業したい」
「100人切りしたい」

など何でも構わない。こうやって自分への利益を明確にすることで、モチベーションは高まる。ナンパの目的は根本を言えば「性欲を満たす」ことだ。特に、最初はそうであり、本能的な行為だからだ。

もちろん、「彼女を作りたい」といったことも同時に考えているだろうが、男として根本的な欲望を綺麗事でオブラートに包まないことも、強いモチベーションを保つコツだ。

また、オナ禁をして、性欲を溜めるのもナンパ意欲を高くするのに役立つ(笑)

ナンパ地蔵を克服する具体的な方法

このページではナンパの心理的な原因に基づく解決策を述べていった。こことは違う視点で、具体的なナンパ地蔵克服法もまとめてあるページも参考にしてもらえればと思う。

ナンパ地蔵を克服する方法

まとめ. ナンパ地蔵を克服した後は天国

ナンパをしようと志してみても大抵の人は地蔵で悩み苦しみ、ナンパを諦めていく。そのような悲しいことにならないように、今回話したような自分の弱さと真剣に向き合って克服してみて欲しい。

弱さを克服した後に待っているのはハーレムだからだ(笑)

ナンパの会話教材を
「完全無料」で配布中!!

ナンパで女性を口説く会話術の実録と
テクニックを解説した教材を無料プレゼント!

「女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法」

「あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法」

「狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術」

などを知ることが出来ます。


この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ナンパの教科書 , 2016 All Rights Reserved.