ストリートナンパ、ネットナンパ、クラブナンパ、店員ナンパなどで彼女やセフレを作る方法を丁寧に解説しています。

ナンパ初心者でも成功しやすい4つのナンパスポット

 
ナンパスポットのメイン
この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

ナンパは活動をする場所次第でも成功率は変わってくるもの。そこでジゴロパンダがナンパ活動を実際にしてきた中で初心者でも成功をしやすいナンパスポットを紹介していく。

これから話す基準に沿ったナンパスポットで活動をしていけば、間違いなく成功へと近づいていけるだろう。

1. ナンパを成功させる3つの要因

ナンパを成功させるには以下の3つの要因が影響してくる。

【ナンパ成功の3要素】
1:ナンパ師の実力
2:女の子側の心理的な状況・タイミング
3:ナンパする場所や時間

1つ目の「ナンパ師の実力」とは、ルックス、雰囲気、トーク力、クロージング力といった俺ら自身の能力のことだ。これは簡単にイメージがつくだろう。女性に好かれたり、楽しませることができれば、ナンパ師と一緒に遊びたい心理になるのは当然のことだ。

2つ目の「女の子側の心理的な状況・タイミング」とは、女の子自身の気分か良いかどうか、酔っているかどうか、生理で体調が悪くないか、声を掛けた後に予定が詰まっていないかどうか、などを意味している。女の子側の体調や予定などで成功率は大きく変わってくる。また、これらを察する能力や、ナンパ師側の判断能力も欠かせない。

例えば、女の子が会社に遅刻をしそうで、遅刻をすると仕事をクビになるとわかっているために急いでいて、さらに生理でお腹が重たくて体調も最悪のときに声を掛けても99,999999%成功しないのはわかるだろう。こういう女性側の状況で成功しようがないパターンもあることを知っておいて欲しい。

3つ目の「ナンパをする場所や時間」とは『ナンパ活動の時間帯』や、これから話していく「ナンパスポット」などのことだ。こういった環境でもナンパを成功させる確率は変わってくる。

例えば、法人営業の会社が土日休みで、一般の消費者向けの居酒屋などが土日稼働なのも、稼ぐためのの効率性が変わるからなのと同じだ。一般の会社は土日が休みなところが多いから営業相手や問い合わせも少ないだろうし、居酒屋は週末の方が飲みに行くお客さんが多いからだ。

こういったものから、これから話していく方法もナンパの成功率を高めていくのに非常に重要な要素の一つだということを認識しておいて欲しい。

2. 初心者でも成功しやすいナンパスポット

これから話していくのは、ソロナンパでもコンビナンパでも初心者でもナンパが成功しやすい活動場所になる。是非、これからのナンパ活動の参考にして欲しい。

1:人通りの多い場所
2:地方の駅前

これらのナンパスポットがお勧めな理由をこれから解説していこう!

2ー1. ターゲット女性が最も多い場所

ナンパスポットの渋谷

ナンパ活動をするのであれば、あなたが住んでいる地域の最も人通りが多い場所で活動をして欲しい。東京であれば、新宿、渋谷、池袋など。大阪ならミナミや梅田。東京であれば銀座や秋葉原などの駅でも多くターゲット女性がいるので、そういう駅でも構わない。

ここでジゴロパンダが言っているのは、人通りが絶えないで、常にターゲット女性がいるような環境を選んで欲しいということだ。なぜかというと

【人通りの多い場所のメリット】
1:経験値が大きく増える
2:即系も増えて成功体験が増えやすい
3:母数が増える分、可愛い子も多い

といった理由からだ。声を掛ける対象の女性が多いほどに、成功体験、失敗体験も積みやすい。こういうトークが有効で、逆に効果が薄いトークなども感覚的に声かけ数が増えれば見えてくる。学んだナンパノウハウもどんどん試していける。

さらに、ナンパ初心者には有り難いことの一つに、ナンパに簡単に着いてきてくれる女性とも出会いやすい。即系と呼ばれる女性のことだ。そういう女性とのナンパの成功体験を積むことで、ナンパに対する自信や成功パターンも見えてくるようになる。

また、ナンパが上達をすればするほどに、女性に対するルックスや内面に対する理想が高くなる傾向がある。そうなったとしても、人通りが多いほどに可愛い子も多くなるので、声かけターゲットが多いのも大きなメリットだ。

ジゴロパンダは効率性重視で、ナンパを長時間やるのが嫌いだ。そして、1人でナンパ活動をすることが多いので、さっさと連れ出して、一緒に遊んだり、セックスを終わらしたい。だから、ターゲット女性が最大限にまで多い場所を選択する。

もちろん、若い子やギャルが嫌いなのに、渋谷や新宿で活動をする必要はない。清楚な雰囲気の女性、20代後半以降の女性、などが好きなら銀座や丸の内などで活動をしたら良いだろう。ここでジゴロパンダが言っているのは

「あなたのターゲットにしたい女性が最も多い場所で活動をするのが効率的だ」

ということなので、誤解をしないで欲しい。あくまでも、ナンパスポットは、あなたの意思と欲望で決めるものだ。

2ー2. 地方の駅前

ターゲット女性の母数は減るが、スカウトやキャッチなどが少ないために、警戒心が弱い女性が多い場所で活動をするのもお勧めだ。特に、ナンパ初心者ほど、声を掛けた女性の反応が良くなりやすいので良いだろう。

東京なら、八王子や上野など主要な歓楽街から離れると、女性の反応は良くなる傾向がある。札幌や名古屋なら、最も人通りの多い場所でもスカウトなどだけではなく、ナンパ師も少ないでの、さらに反応は良くなる。

ナンパ初心者も地方の駅などで活動をした方が、気持ちにもゆとりを持てるので、結果も出しやすいだろう。

3. コンビナンパには特にお勧めのナンパスポット

さらに、もう一歩踏み込んでコンビナンパにお勧めのナンパスポットを紹介しよう。友人とナンパをしようとすると、クラブなどに行きがちだと思うが、成功しやすいナンパスポットは他にもあるので参考にして欲しい。

3−1. 立ち飲み屋

ナンパスポットのHUB

個室居酒屋ではなく、わざわざ立ち飲み屋に来る女性というのは「声を掛けてくる」ということを受容する気持ちでいるものだ。ナンパされるのが嫌で、じっくりと女同士で話したいなら、立ち飲み屋になど来ない。

東京ならHUB(ハブ)のようなスタイルの立ち飲み屋がナンパスポットになっているのを見ても明らかだ。女性の反応も良い傾向があるので、週末などにナンパを楽しみながらしたくなったら、行ってみると美味しい想いができるかも知れない(笑)

ただし、奢ってもらうことだけを目的にした悪質な女性もいるので注意が必要だ。そういう女性対策は、仲良くなる前は奢らないことだ。簡単に奢ると、女性に心理的に舐められる。奢るなら、ある程度仲良くなってからにしよう。

3−2. クラブ前

友人とナンパというと音楽がガンガン鳴るクラブに行くことが多いだろう。それも悪くはない選択だが、ジゴロパンダは人ゴミが嫌いなので、クラブに行くくらいなら、クラブの営業が終わる時間帯にクラブ前で出待ちをする。

酔っていて、男がくっついていない女性が2人組で多く出てくるので、ノリを良く声を掛けてみると簡単に連れ出せて、一緒にカラオケなどに行くことができる。もちろん、酔っていてテンションも高いので、セックスも持っていきやすい。

クラブの中で女の子を捕まえることができなかったら、外でクラブ帰りの女性を狙うのもお勧めだ。

まとめ. ナンパスポットで難易度が変化

ナンパ活動をする場所一つで、ナンパ成功の難易度が大きく変わる。だから、今のあなたの実力に応じて、ナンパスポットを変えてみたら、意外に簡単に成功できたりする。

色んなナンパスポットでテストをしてみて、成功率の高い場所を探すのも良いと思う。是非、試してみて欲しい。

ナンパの会話教材を
「完全無料」で配布中!!

ナンパで女性を口説く会話術の実録と
テクニックを解説した教材を無料プレゼント!

「女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法」

「あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法」

「狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術」

などを知ることが出来ます。


この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ナンパの教科書 , 2016 All Rights Reserved.