ストリートナンパ、ネットナンパ、クラブナンパ、店員ナンパなどで彼女やセフレを作る方法を丁寧に解説しています。

女の子をナンパして番ゲ・連れ出し率を高める2つのトーク術

 
ナンパトーク術のメイン
この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

ナンパの成功率を高めて番ゲや連れ出しをすることができるようになるためのトーク術を公開していく。ジゴロパンダが実際に使ってみて、効果のあった方法なので、使えるものばかりだ。

これを知ることで、あなたのナンパスキルは大幅に向上するのは間違いなしだ。

1. ナンパ成功率を高めるトークの流れ

ナンパを成功させる方程式が存在する。その方程式とは以下のものだ。

【ナンパの成功法則】
ナンパの成功率 = 声掛け数 × 会話成約率 × クロージング率 

この方程式を理解するために、あなたがジゴロパンダ保険会社の個人宅への飛び込みの営業マンであると考えてみて欲しい。

家をピンポンするのが「声掛け数」に相当する。話を聞いてくれる家を探すところから始めるのだ。もちろん、営業が上達していけば、話を聞いてくれやすい家を見つけるのが上手くなっていくだろうが、最初は訪問数を増やさなくてはならない。

そして、自分の商材の保険の商品の話を聞いてもらうのが「会話成約率」になる。見込客と会話をして、自社の保険商品に興味を持ってもらわなくてはならない。興味を持ってもらって「欲しい」と思ってもらう段階だ。

最後に、保険に興味を持ってもらった見込客に背中を押して契約してもらう段階になる。つまり、クロージングの段階だ。粘ったり、押したり引いたりして「クロージング率」を高めることで契約数を増やす必要がある。

ここで理解して欲しいのは、数学的な話ではなくて、声掛け数が多いほどに成功しやすくて、会話成約率とクロージング率が高いほどにナンパを成功させることができるというものだ。

そこで、この方程式の数字を高めるためのスキルを今回は紹介する。

2. ナンパにおいて会話成約率を高めるトーク術

上記のナンパ成功の方程式において、声掛け数は『ナンパ地蔵の克服法』を参考にしてガンガン声を掛けていって欲しい。そして、今回は「会話成約率」を高めるトーク術を紹介する。それは、

「トークへの誘導」

というものだ。女性に声を掛けて、会話へと誘導をしていくためのトーク術になる。これをできるようになると、女性に俺らナンパ師側の魅力を伝えるための土台が出来上がり、それにより連れ出しや番ゲができる確率が高くなる。

そして、この会話成約率を高めるには、トークによって

「女性の感情を動かす」

ということが必要になる。いきなり声を掛けてきた男に対して女性は警戒心を抱いているので、その警戒心に勝る興味を抱かさせて会話へ誘導していくのだ。

興味を惹き付けるためには「感情を生み出す」必要がある。その感情は「笑い」が最もで良いと考えている。イライラさせて興味を引くこともできるが、短時間でのフォローは難しいのでナンパが失敗に終わりやすくなる。

そこで、ジゴロパンダが頻繁に活用している、女性の感情をビクンビクンさせて感情を動かし、会話へ誘導するトーク術を紹介する。

3. 会話誘導に役立つトーク術

ジゴロパンダが会話へ誘導をしていくのに使っている代表的なトーク術として

1:質問をして情報収集
2:いじる

という2つがある。それぞれを解説していこう。

3−1. 質問して情報収集

女性の警戒心が強くない場合や『ナンパの第一声』で反応を得ている場合には、早い段階で連れ出しや番ゲを成功させるために

「情報収集をするための質問」

を活用していく。コーチングやビジネスの現場で使われているものとして、質問には2種類あり、

【2種類の質問】
1:クローズ質問(YES・NOで回答できる)
2:オープン質問(YES・NOで回答できない)

このトークへの誘導という部分ではクローズ質問は向いていない。なぜなら、女性の情報をできるだけ多く引き出して、連れ出しや断る理由を潰していく必要があるからだ。YES・NOだと大した情報を得ることができない。

また、否定的な答えになる質問も向いていない。女性の心がネガティブになり、断られる確率が高まるからだ。例えば、「暇なの?」といった質問は避けた方が良い。「暇だと思われたくない」という気持ちが生まれて、女性が嫌な気分になり、失敗する確率を高めてしまう。

だから、オープンでありネガティブではない質問を使った方が良い。例えば、ジゴロパンダがよく使う質問として、歩いている女性に

「どこに向かっているの?」
「何しているの?」

といったものだ。そうすることで、女性の状況を掴んで、連れ出しまでの戦略を練ることができるからだ。断る理由を潰すことにもなるので、ナンパの成功率を高める。さらに詳しく知りたい場合は『ナンパの必勝法』から学んで欲しい。

そして、そこから声を掛けた動機を伝える流れにも持っていきやすい。例えば、女性の状況を聞いた後に、

「友達と遊んでいて、今から帰るところで、見かけて声を掛けた」

と俺らナンパ師側の状況や声を掛けた動機を伝えることで「スカウトやキャッチではない」「たまたまタイプだったから声を掛けた」という流れに持っていきやすい。このトークに関しては『誠実ナンパ』で詳しく解説している。

3−2. いじる

女性をいじってトークへ誘導する方法も有効だ。ジゴロパンダが使っている「いじり方」として、

1:からかう
2:褒める
3:レッテル話法

というものがある。詳しくは『女性のいじり方』を参考にして欲しい。そこから女性の笑いを生んだら、質問をして話題を深めたり、魅力を伝えつつ情報収集に移っていくことでクロージングの準備をしていく。

他にも、色んな女性の興味を惹いて会話へ誘導するトーク術があるので試してみて欲しい。

まとめ. ナンパのトーク術には目的意識を持つ

会話成約率を高めるためのトーク術をマスターすれば、ナンパ成功することが楽になる。出会いを自由に作ることができるようになる。是非とも、あなたにこのトーク術を身につけて、ナンパで楽しい思い出をたくさん作って欲しい。

ナンパの会話教材を
「完全無料」で配布中!!

ナンパで女性を口説く会話術の実録と
テクニックを解説した教材を無料プレゼント!

「女性と出会ってから2時間でセックスに誘導する方法」

「あがり症で極度の人見知りな男性でも女性との会話の話題に困らなくなる方法」

「狙っている女性を彼女にする具体的なトーク術」

などを知ることが出来ます。


この記事を書いている人 - WRITER -
ジゴロパンダ
命令口調でちょっと厳しい印象を与えるが、優しい心の持ち主。元々はイジメられっ子だったので、困った人を見ると放っておけない憎めないオスパンダ。 ⇒ プロフィールの詳細はこちらをクリック

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ナンパの教科書 , 2016 All Rights Reserved.